ハウスクリーニングの基礎知識と会社の選び方

場所別!効果的な掃除方法まとめ

エアコンクリーニング
特集

ハウスクリーニングの有効な使い方

エリア別ランキング!

掲載会社一覧

<ベトベト汚れにさよなら!キッチンの壁の掃除術>

キッチンを使っていて、気になるのが壁の汚れです。壁の汚れは揚げ物の油でベトベトしていたり、湿気によってカビが発生したり様々です。料理する場所だからこそ、常に衛生的でありたいですよね。キッチンがいつもキレイだと、料理を作る気力も湧いてくると思います。

今回はそんなキッチンの壁の掃除術についてご紹介します。

●キッチンの壁の汚れの種類

キッチンの壁の汚れの種類には以下のものがあります。

・油汚れ

キッチンで調理する際に、油を使用することで、壁に油やソースがはねることがあります。また揚げ物をした場合には、油の粒子がミストとなり、キッチン全体に広がります。この状態の汚れは、サラサラしているのですが、時間の経過と共にホコリと結びつくことで、ベタベタした汚れ、さらにはカチカチした頑固な汚れへと変わります。

・カビ

キッチンの中でも、シンクやコンロの周りの壁は湿気がこもりやすいので、カビが発生しやすい場所です。特に、キッチンの壁がタイル地の場合、目地にカビが生えると、汚れをそのままにしておくことで、カビが根をはるようになるので、気づいた時に掃除するように心がけましょう。

●キッチンの壁の掃除術

<必要物品>

・台所用洗剤もしくはボトルスプレーに入れた重曹水
※重曹水はカップ1杯のぬるま湯に重曹小さじ1で作ります。

・布きん3枚

・スポンジ

・古い歯ブラシ

・クレンジングクリーナー

<ガスレンジの掃除方法>

1.壁に台所用洗剤または重曹水をスプレーします。

2.汚れが浮くまで1分程待ち、布きんで掃除していきます。
頑固な汚れには、水を含ませたスポンジに、重曹をつけてこすりましょう。

3.汚れが取れたら、水拭きを行い、洗剤を取ります。

4.最後にから拭きして終了です。

<掃除のポイント>

・時間が経ってカチカチの汚れの場合には、洗剤や重曹水をスプレーした後、ラップをかけてパックししばらく置くと、汚れが落ちやすくなります。

・汚れやすいタイル地の目地は、歯ブラシとクレンザーで掃除を行います。

●キッチンの壁の汚れを防ぐ方法

キッチンを使用する際に、日頃から少し気をつけるだけで、汚れるのを防ぐことができます。

・調理する際には、換気扇を回す

キッチンで調理する際には、換気扇を回すようにしましょう。調理中に出る油煙や水蒸気を屋外に出すことで、汚れを最小限に防ぐことができます。

・汚れた時にはサッと掃除する

キッチンの壁の油汚れは早い段階で掃除すうるほど、汚れを落とすのが楽になります。揚げ物をする際に換気扇を回していても、油ハネすることはあります。調理が終わったら、汚れが固くならないうちにサッと一拭きするだけでも、その後の汚れ方が変わりますよ。

・壁にあらかじめ保護シートを貼る

キッチンの壁の中でも汚れやすいコンロ周りは、あらかじめ保護シートを利用することで、本格的な掃除の頻度を減らすことができます。保護シートには昔ながらのアルミ素材のものから、最近では柄の入った保護フィルムも販売されています。もっと手軽に行いたいという方は、アルミホイルやサランラップで代用できます。

●まとめ

キッチンはコンロやシンクをきれいにしていても、面積の広い壁が汚れていると、汚い印象を与えてしまいます。キッチンは壁もきれいにして、気持ち良く料理を行いたいですね。

キッチン周りの掃除方法を詳しく見る

TOPへ戻る