ハウスクリーニングの基礎知識と会社の選び方

場所別!効果的な掃除方法まとめ

エアコンクリーニング
特集

ハウスクリーニングの有効な使い方

エリア別ランキング!

掲載会社一覧

床の掃除方法

水拭きは最も合理的な掃除方法

家庭の中でも汚れが目立ちやすい一方で、比較的掃除がしやすいの床です。床の掃除方法としては基本は水拭きが中心となります。
フローリングの床はほとんどの場合、薄くむいた原木を接着剤で貼り合わせた合板が利用されています。これは反り上がりずらかったり、割れにくいというメリットがある一方で、内部まで水が入ってしまった場合には形が変形してしまうケースもあるため注意が必要です。そのため、フローリングの掃除を行う際に水拭きは厳禁と言われることがありますが、水拭きは花粉やホコリの汚れを落とすために一番簡単で合理的な方法です。そのため、かたく絞った薄めのぞうきんで、短時間のうちに水拭きを行えばデメリットを防ぎながら効率的に床掃除をすることが出来るのです。

エッセンシャルオイルとクエン酸の効果

エッセンシャルオイルを活用することによって、床を掃除する方法もあります。
クエン酸と、アロマオイルとして利用されるユーカリ、ティートゥリー、ヒノキなどの香りが付いているエッセンシャルオイルを利用して掃除を行うのです。クエン酸5gをスプレーボトルに入れ、その中に合計が100gになるまで水を入れます。そのクエン酸水の中に、気に入っているエッセンシャルオイルを5滴前後垂らしてよくふったあとに床にスプレーしながら、布巾などで床を拭いていきます。それによって、綺麗によごれが落ちるだけでなく、快適なニオイが部屋の中を漂うようになるため、一度で二度美味しい掃除方法と言えます。床周りは定期的にこの方法でお掃除してあげるのがオススメです。

ワックスがけは定期的に行おう

床のメンテナンスを行う際の王道がワックスがけです。ワックスがけを行う際には以下の点に注意する必要があります。

  • ・掃除機がけ、洗剤での拭き取り、水拭き、乾拭き、しっかりと乾燥したあとにワックスがけの順序
  • ・ムラを防止するため、ワックスかけの間は直射日光がフローリングに当たらないようにカーテンはしっかりと閉める
  • ・気温の低い日や湿気の高い日はワックスがけはしない
  • ・ワックスが乾燥するまでは、ドヤや窓を閉めて、乾燥したらしっかりと換気を行う
  • ・半年に一度は塗り重ねを行い、5年程度したら古いワックスを剥がして再度ワックスがけを行う

以上のような点をしっかりと注意しながらワックスをかけるのがポイントです。手間が非常に多い作業なので、ハウスクリーニングの業者にフローリングのワックスがけを依頼するのもオススメです。

床(フローリング・畳など)の掃除方法を詳しく見る

TOPへ戻る